日本人に人気のタイ不動産相場

気温が穏やかで世界的にも人気のあるタイ。日本人にも人気の渡航先です。
中でも首都バンコクは日本人もかなりの方が訪れる地で親日でもあることから
コンドミニアムを購入する方もいます。2014年はクーデターもあったのでリスクはつきものですが海外の土地購入は南の国であれば台風などもあるのでそのあたりは気にしないといけませんが
タイの不動産はどんな感じかを見ていきましょう。

タイの不動産物件、価格帯や購入方法等

コンドミニアム(マンション)は安い物件で300万円台から
リゾート地ですと~1000万円程度でかなりの物件が購入できるようです。
※通貨:バーツは円のレートに直すと1バーツ約3.2円

日本と比べるとやはり安い!
中古物件や新築物件なども近頃では沢山出ていて、日本とは違った
魅力的な間取りや環境などと、気に入った物件が見つけられます。

現地で物件探しの他にインターネットで探すこともできる

タイで物件を見つけるには、現地での物件探しの他にもインターネットを
通じて検索する事が簡単に出来て、タイ語を話せなくても
日本人のスタッフが経営している不動産などでも、
タイ不動産相場が分かる様になっています。

コンドミニアムについて

大手のデベロッパーが管理しているリゾート近くの「高層ビル物件」
は比較的日本の不動産会社も仲介しているところがいます。
現地の不動産会社との兼ね合いもあるでしょうし、日本人が買うならこういった
物件が良いのではないでしょうか。

リタイア後はタイに住む日本人の方達も増えてきましたが、
日本での夢のマイホームとして購入するよりも、穏やかな気候で
治安もよく物価の安いタイの国での物件も人気があり、住みやすく楽しい人生がおくれる。
そういった考えで移住をする人もいるでしょうから、ご自身が住む為に購入するのも
いいでしょうし、投資物件用に購入というのも悪くないのではないかと思います。