世界の不動産相場の水準と特徴

不動産の取引はどこの地域でも行われているものですが、
世界の不動産相場を把握するのは簡単ではないという現実があります。
国や地域によって地価が異なりますし、土地や建物に関する意識も異なります。

国内で続いていたスクラップ・アンド・ビルドという考え方

国内では以前からスクラップ・アンド・ビルドという考え方で高度成長期を支えてきたため、
マンションなどの居住用建物は入居者が集まらなくなれば
僅か30年足らずで建て替えられる状態が続いていたのです。

ライフサイクルコストという考え方

最近になって新築時にライフサイクルコストという考え方をするようになり、
寿命までにかかるコストを計算し、一つの建物を長く活用してく方向に変化してきています。
海外では100年単位で同じ家に住むことも珍しくなく、
引っ越しの際には建物ごと移転するような地域もあります。

耐久性の高い建物があってこそ可能なことではありますが、
国内でも輸入住宅の人気が高くなっています。
輸入住宅は国内の住宅にはないデザインが魅力ですが、
ツーバイフォー工法により耐久性と強度が高く、
寿命が長いことも人気の理由になっています。

世界の不動産相場について

不動産相場は国や地域によって不動産に対する考え方が異なるため、
世界の不動産相場を把握するのは難しいと言えます。
一方で不動産といえば賃貸住宅もありますが、家賃相場を比較しても
国ごとに大きな格差があります。

先進国のようにすでに開発が満たされている地域よりも、
現在発展し続けている新興国のほうが高くなっているのです。
社会的や影響や政治的な部分も不動産相場に影響しているのです。